今日もバカで行こう

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

MENU

北海道生まれ、北海道育ちのぼくが教える北海道の10のいいところ

f:id:ibukishimatani:20170922153931j:plain

最近、地元の北海道の実家に帰省してよさを噛みしめてきました。

大学生ブロガーのいぶき(@Ibuki_No_Blog)です。

 

突然ですが、北海道は本当にいいところ!

 

大学生になり、上京して横浜に住み始めてから心底感じています。

 本当に北海道は過ごしやすかった。

 

この前の帰省も最高でした

f:id:ibukishimatani:20170922152923j:image

 

北海道愛があふれて止まらないので、今回は北海道のいいところをひたすらお伝えします。

 

 

いいところその1:北海道は、ご飯が美味しい

北海道に来てほとんどの人が感じると思いますが、べらぼうに飯がウマイ

 

お寿司も美味しいし

f:id:ibukishimatani:20170922111558j:plain

 

札幌はラーメンの激戦区だし

f:id:ibukishimatani:20170920200507j:image

 

地産地消の野菜、肉もたくさんあるし

f:id:ibukishimatani:20170922111711j:plain

 

食後のスイーツにも抜け目が無いし

f:id:ibukishimatani:20170922111921j:plain

 

スープカレーなるうまいもんもあるし

f:id:ibukishimatani:20170922111947j:plain

 

北海道は100円の回転寿司でもフツーにクオリティが高いです。

少し高めの回転寿司になるとそりゃあもう、めちゃくちゃウマイ。

 

ぼくのオススメは、トリトンというお店です

回転寿しトリトン 北海道・札幌の旬の美味しい食材を!

 

 

いいところその2:北海道は、家賃が安い

北海道はとにかく家賃が安いです。

 

北海道で1番栄えている札幌駅から徒歩10分、6畳キッチン付きで家賃はこんな感じ。

f:id:ibukishimatani:20170922112510p:plain

物件検索一覧|札幌の賃貸ならjogjog.com|常口アトム

 

安すぎません?

 

あー、本当に北海道帰りたくなってきた。

 

ぼくがこっちで住んでる家は、おなじ6畳キッチン付きで横浜駅まで電車で15分なのに家賃4万5千円です。

 

ハァ…

 

 

いいところその3:北海道は、美人が多い

f:id:ibukishimatani:20170922113249j:plain

 

これ、マジです。

 

ぼくのイメージでは、色白で目鼻立ちが整っている人が多い印象。小学校中学校の同級生をも、色白な人が多かったですね。

 

体感でも、横浜から北海道に戻って札幌駅を歩いていても、

 

カワイイ人多いな〜

 

と鼻の下を伸ばしながら歩いてしまいます。ごめんなさい。

 

 

いいところその4:北海道は、涼しい

北海道は夏でも涼しいんです。

 

ほんとに関東アツすぎ!!

 

気になって神奈川県横浜市の平均気温を調べてみました。

f:id:ibukishimatani:20170922114337p:plain

 

8月の平均27℃て!!!!

本当にムリ、耐えられません。

 

それにひきかえ札幌の平均気温はコチラ。

f:id:ibukishimatani:20170922113926p:plain

 引用:気温と雨量の統計

 

あああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

いいところその5:北海道は、広くてなおかつ自然が多い

さすが北海道、広大な大地がたくさんあります。

札幌の中心部からですら、車で20分走ればスキー場に行けちゃいます。

アクセス[編集]

 引用:さっぽろばんけいスキー場 - Wikipedia

 

それくらい自然と都市が共存した、住みやす〜い街なんです

 

 

いいところその6:北海道には、梅雨がない

北海道には梅雨というものがありません。

 

梅雨前線は北海道に到達するころには勢力も弱いし、スピードが増しているためビューン!!とすぐに過ぎ去ってしまうのです。

 

なので毎日雨でうぜええええということがないので、サイコー。

 

 

いいところその8:北海道は、人が少ない

北海道は関東のように人が多すぎてゴミゴミ、なんてことはありません。

 

ぼくは人混みが本当に苦手です。

 

なんなんですかあれ!?

 

ぶつかりそうになって「あっ、ごめんなさいっっ!」とか、もうやだ。

 

 

いいところその8:北海道は、割とアクセスの不便がない

正直札幌内で遊ぶなら、地下鉄も電車もちゃんとあるので不便はありません。

f:id:ibukishimatani:20170922125902j:plain

 

車がないとどこも行けない!と思われがちなんですが、意外とそんなことないんです。

 

 

いいところその9:北海道でも、中心部は適度に栄えてる

札幌の栄え具合をあなどるなかれ、すすきのは日本一の風俗街と呼ばれています。

f:id:ibukishimatani:20170922130059j:plain

 

札幌駅ビル周辺もオシャレな服屋さんもちゃんとあります

 

 

そんでもって、5分歩けば市民の憩いの場の大通り公園が広がっています。

f:id:ibukishimatani:20170922130245j:plain

 

サイコーか!!

 

 

いいところその10:北海道は、ゴキブリがいない

そして何と言っても北海道はゴキブリがいないのです。

僕も冗談抜きで北海道では一度も見たことがありません

 

これはとくに女子が歓喜でしょう。

 

それにひきかえ、先日夜道を歩くゴキブリを見かけて死にたくなりました。

 

 

まとめ:北海道はいいところ!

f:id:ibukishimatani:20170922132158j:image

このように北海道はにいいところなんです。(顔が矛盾していてごめんなさい)

 

ああ、北海道帰りたい。

 

こんなにもいいところなので、みなさん旅行するだけじゃなくてぜひ移住も考えていただけたらいいかなって思います!

ひとに優しくしてもらえた僕は、これからひとに優しくなれる

f:id:ibukishimatani:20170923210804j:image

こんにちは、いぶきです(@Ibuki_No_Blog)です。

 

今日、ほんとうなら「北海道の10のいいところ」という記事を予約投稿してあったんですが、この気持ちが色あせないうちに書き残したいできごとあったので、書きます。

 

昨日、Polcaで支援をうけてやさしさを感じたということを書きました。

今日もやさしさを感じる出来事があって

 

知らない同い年くらいの青年が、助けてくれた

ゼミの懇親会があった帰り道に、自転車の空気を入れるために近くのイオンに寄りました。無料で空気を入れられるので、空気を入れようと思って。

 

自分の自転車はロードバイクで、いままで自分で空気を入れたことがなかったんでやり方がわかりませんでした。

その場で立ち尽くすぼく。

 

すると、近くにいた見知らぬ同い年くらいの青年が声をかけてくれたんです。

 

空気の入れかた、わからないんですか?

 

あ、そうなんです!

 

すると、こうこうこうやるんですよと教えてくれました。

 

すごく嬉しかった。

 

やさしくしてもらえたから、自分も誰かにやさしくなろうと思える

何やら彼も、以前ロードバイクを使っていて同じような経験をしたらしく、困っているようなので助けてくれたとのこと。

 

自分にはできるだろうか

 

あなたがもし同じ立場だったら、こんな風にしますか?

ぼくは正直同じような場面でチキって無視してしまった場面が、人生でいくつもあった気がする。

 

自分だったら知らない人に話しかけるのは勇気がいるし、別に無視できることなのに、この人はすごい。

 

人に優しくしてもらえたことで、すごく嬉しい気持ちになりました。

誰かにやさしくしてもらえた分、人にやさしくできる気がする。

 

こうやって自分も誰かにやさしくしたい。このやさしさを繋ぎたい。

自然とそういう考えが湧きました。

 

誰かにこのやさしさを繋ぎたい!

いてもたってもいられず、今日ゼミの懇親会を開いてくれた先生にお礼のメールを送りました。

f:id:ibukishimatani:20170923212215j:plain

 ひとにやさしくなれた気がする。

 

社会人として当たり前かもしれないけど、この出来事がなかったらぼくはメールを送っていなかったと思います。

 

自分が、やさしさを繋ぐスタート地点になる

自分も、これから人にこんな風にやさしくできたらなあ。

彼にとっては小さな出来事かもしれないし、世界でみても小さなできごとだけど、僕にとってはとても大きなできごとでした。

 

これを読んでくれた人が、一人でも誰かにやさしくなれて、やさしさの輪が広がったらなあ。そう思って書いています。

 

やさしさの循環の歯車になりたい

そのためには自分の小さな思いやりと勇気で自分スタート。

 

最初は恥ずかしくても、自分も相手も幸せになるから人にやさしくなりたい。

エネルギーを使うかもしれないけど、その分自分も周りもどんどん幸せになれる。

 

いいことに気づけてよかったです。

  

それでは、また。

Polcaを使ってみたら、自分からアクションを起こす大切さに気づいた

f:id:ibukishimatani:20170922151640j:image

大学生ブロガーのいぶき(@Ibuki_No_Blog)です。

 

実はぼく、Polcaという少額の支援を募ることができるサービスでこんな企画をやっています。

ブロガーのTシャツを作りたい!

 

そこで、いろんな方に

ブロガーTシャツ作りたいんです!支援お願いします!

 

とお願いして回って、気づくことがありました。

 

 

自分からアクションを起こすことはとても大切

人は自己実現したい生き物。

 

  • 痩せたい
  • 金持ちになりたい
  • 彼女を作りたい

 

でも、自分がいい方向に変わるだけじゃどうしようもできなくて、難しいこともあるじゃないですか。

 

たとえばなにかを買うのに支援してほしいとか。

 

Polcaの支援をお願いしたら、たくさんの人が応えてくれた

f:id:ibukishimatani:20170922150657j:image

さっきも言ったように、ブロガーTシャツをつくりたいので色々な方にお願いしました。

 

 

 

 

すると、たくさんの人がすごく好意的に捉えてくれて、快く支援をしてくれるんです

 

今回のできごとをきっかけに、「あ、自分から頼めば人って優しくしてくれるんだ」と気がつけました。

 

ブログでいくら発信しているからといって、僕のへなちょこレベルでただツイートしたり記事を書いたりするだけじゃ、誰も支援というアクションは起こしてくれないのは自明です。

 

でも、こうやって自分からお願いすることによって、人は優しく対応してくれます。

 

やさしい国、日本。

 

こうやって自分からアクションを起こすことの大切さに気づけました。

 

困ったら、自分からお願いしよう

なにか支援が欲しかったら、お願いしてみてください。

もし困っていたら、助けを求めてみてください。

 

自分からアクションを起こさないと、案外人は気づいてくれないし、頼めばやってくれるけど、お願いされるまでは動いてくれません。

 

自分からアクションを起こすことがとても大切。

 

大丈夫、怖くて恥ずかしいのは最初だけ!

そしたら、案外人々は優しく助けてくれる。

 

僕も今回こうやって優しくしてもらって、他の人にも優しくしてあげようと思えた。

やさしさが回っているいい感じです。

 

最後に、ぜひご支援頂けたら嬉しいです!

ブロガーのTシャツを作りたい!

 

またPolcaのこの企画、追って記事にしますのでお楽しみに!

 

ではでは。

岡本太郎の「自分の中に毒を持て」を読んで僕の中の毒がうずいた

タイトルから中ニ病漂わせながら失礼します。

大学生ブロガーのいぶき(@Ibuki_No_Blog)です。

 

大学の部室で、岡本太郎さんの「自分の中の毒を持て」という本を発見し、読みました。

 

 

まさに、自分の中の毒がうずき、奮い立たされる本

 

挑戦したいけど恐れてしまっている人に読んで欲しいと思ったので、紹介します。

 

 

自分の中の毒とはなにか?

自分の中の毒とは、社会では嫌われるありのままの何か。

表現、社会では嫌われるもの。

レールから外れたもの、新しいもの。

 

自由に、明朗にあたりを気にしないで、のびのびと発言し、行動する。

 

そんな感じです。

 

岡本太郎さんは、そんな自分の中の毒をを芸術として表現し続けてきました。

 

好かれるものではなく、岡本さんのありのままの思いをぶつけてきたのです。

 

 

出る杭は打たれる日本で、出る杭だった岡本太郎

日本の「出る杭は打たれる」という文化

 

周りと異質なものは叩かれ、「皆と同じようにしてろ!」と言われる。

 

多様性なんてのは名ばかりで、結局皆んな同じような服を着て髪型をして、少しでも違うものなら変わり者のレッテルを貼られます。

 

しかし彼は、出る杭であり続けました。

いくら小学校でガキ大将にいじめられようと、逆らったし、いくら先生に怒られようと非を認めませんでした。

 

すごくかっこいいと思います。

 

 

ありのままで笑われることが生きること

彼は、「ありのままで笑われることが生きること」と言っています。

すごく腑に落ちました。

 

日本では素人がYouTubeに歌ってみたとかの動画をアップすれば、ヘタ、もっと上手くなってからあげろなどとコメントがあります。

 

一方で外国では、褒めるコメントがたくさんある。本当に素晴らしい。

 

常にありのままを恥じず、未完成でぶつかっていくことが生きることだと思います。

 

友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分をつらぬいていけば、ほんとうの意味でみんなに喜ばれる人間になれる。

 

そんな生き方が見ていてかっこいいし、やってて面白い。

 

 

ぼくはそうやって生きていきたい

この現代社会、システムに押さえこまれてしまった状況の中で、生きる人間の誇りをとりもどすには、打ちくだかれることを恐れず、ひたすら自分を純粋につきだす他はないのである。

 

自分の人生に責任を持つ感覚。

 

ぼくはそうやってありのままを晒して常にぶつかって生きていきたいです。

レールになんて絶対に乗りたくない。

 

たとえレールに乗った人から笑われても、それでいい。

それが生きるっていうことだから。

 

挑戦もせずに失敗しない人が大半なら、ぼくは挑戦して何度も失敗し続けたいと思います。

 

神聖な火炎を大事にして、まもろうとしている。大事にするから、弱くなってしまうのだ。己自身と戦え。自分自身を突き飛ばせばいいのだ。炎はその瞬間に燃えあがり、あとは無。爆発するんだ。 

 

よし、炎燃やすぞー!

 

 

それでは、また。

タモリさん「真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!」って最高にカッコいい

f:id:ibukishimatani:20170919233157j:plain

ブログ飯に向けて、ひたすら邁進中です。

大学生ブロガーのいぶき(@Ibuki_No_Blog)です。

 

最近バイトについて、真剣に悩んでしまっていました。

いつまでたってもミスは減らないし、絶対向いてないし。

 

そんな中、タモリさんのとある言葉に出会いました。

それは、

 

真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!

 

f:id:ibukishimatani:20170919221814p:plain

 

という言葉です。つまり仕事に真剣になるなってことです。

 

これ、ギクってする人は多いんじゃないかな?と思ったんです。

 

 

タモリさん「仕事はテキトーにこなし、真剣に遊べ」

タモリさん曰く、仕事はテキトーにこなし、遊びに真剣になれとのこと。

ぼくはブログという遊びに真剣になることを忘れていました。

 

タモさん、深えよお...

 

仕事がー、家族がー、学校ガー、としがらみにとらわれて、自分が大好きなことに真剣になるのを忘れてる人は多い気がします。

 

人はもっと真剣に遊ぶべきです

 

 

人は何のために生きているのか?

なぜなら人は遊ぶために生まれてきたからです。

働くってのも、結局はお金を稼いで死なずに生きるためにやっていること。

 

死なないという前提がつくりあげられたら後は何するかってなったら、遊ぶなんです。

そう、人は何のために生きるのか?って考えたら働くために生きるているんじゃないんです。遊ぶために生きてるんです。

 

つまりこんな感じ

 

 

f:id:ibukishimatani:20170919224712j:plain


生きるために働いて、遊ぶために生きるというこの感覚。

 

生きるための手段でしかない働くに真剣になってどうするのでしょうか?

好きでやってるわけでもないことなのに。

 

僕たちは、好きなことに遊びに真剣になるために生きてるんです。

 

 

ホストファザーのボブは遊びに真剣だった

f:id:ibukishimatani:20170919225634p:plain

ぼくは高校3年間オーストラリアの高校に留学していました。

そこで2週間の休みのときは、ホームステイをしてたんです。

 

そこで出会ったホストファザーのボブはまさにこの生き方を体現しているひとでした。

 

ボブは、仕事が終わったら即座にスマホの電源切ります。なぜなら、フットボールの試合を観るのに熱中したいから。

 

そして応援しているフットボールチームの帽子をかぶり、マフラーを巻いて、かじりつくようにテレビに夢中になるんです。

 

そのときぼくはハッとしました。

あ、俺たちって働くために生きてるんじゃないんだ

 

こんな人、日本にいますか!?

 

でもオーストラリアだったら、これくらいテキトーに仕事して毎週末のパーティーに真剣くらいな感覚がフツーです。

 

日本ときたらどうでしょうか?

 

家に帰っても仕事をし、仕事の愚痴を言い、メールに返信する人たち。

 

ぼくはこんなのはムリです

 

ぼくが真剣になりたいのは仕事(ぼくの場合はバイトですが)ではなく、遊び(つまりブログ)です。

 

 

日本人よ、もっと遊ぼうぜ

日本人は遊び心が足りてなさ過ぎるなあと思ったお話でした

もっと真剣に遊びましょう。

 

仕事に真剣な大人、本当に面白くなさそうです

別にカッコよくないですから。

 

ひぃひぃ言って仕事してる大人、かっこよくもなんともないです。

 

それより楽しそうにあそんでる高須院長の方が1億倍かっこいいです

 

 

こんな大人になりたいです。

 

ぼくは真剣に遊んでいたいです。タモリさんや高須院長みたいになりたい。

 

それでは、また。

【運営報告】遅くなりましたがブログ7ヶ月目も楽しくて仕方なかったです

f:id:ibukishimatani:20170919162347p:image

ブログ楽しい〜。

大学生ブロガーのいぶき(@Ibuki_No_Blog)です。

 

YouTubeのサムネイルみたいな画像で失礼します。

 

今回はかなり遅れましたが、ブログを始めて7ヶ月目の運営報告をします。

ないよりはマシかなーということで。 

 

 

7ヶ月目の収益は1,246円でした 

f:id:ibukishimatani:20170919161139p:plain

はい、いくら稼いだの!ということで、

 

Google Adsenseが1,152円

Amazon、楽天アフィリエイトが94円

でした。

 

ってことで173円増加です!

 

まだまだバイトを辞めるには遠く、親を納得させる額でもありませんね、はい。

 ただ、Amazonアフィリエイトを本格的に始動し、早速94円稼げました。

 

ということで、衰退と現状維持も知らない男です。

 

シャッ!

 

 

7ヶ月目のアクセス数は7,366PVでした

f:id:ibukishimatani:20170919162742p:plain

先月の6,551PVから815PV増加です!

 

よし、あーーーーーっす!!

 

今回はリライトと毎日更新が効きました。

毎日更新すると、どんどんPVが上がって行くんです

 

ベストクオリティじゃなくても、毎日更新すること、そしてたまーにドカン!と面白いのが書ければいい。

 

うん、走りながら考える

 

読者の習慣の一部にさせるっていうのは、かなり有効な戦略なようです。

 

あとは、検索順位高めの記事をリライトることで、さらに順位が上がり毎日のPVが増えました。

 

重要だと再認識

 

リライトをしてから1日の平均アクセスが50くらい増えた印象です。

 

コチラの記事を参考にさせていただきました。

ブログ記事のリライトで検索順位6位→1位になってPVが5.5倍になったルームメイトの話 | 金髪社長ですがナニか?

(リンク失礼します)

 

このままどんどんPVが上がりそうでワクワク。

 

来月には1万PV行けるかも。

 

いや、行きたい

 

 

 

7ヶ月目は18記事更新しました

f:id:ibukishimatani:20170919163024p:plain

先月の頭から夏休みで、9月22日まで夏休みです。

 

今年の夏はブログの夏!

 

ということで気合を入れて、ポケットWiFiを契約

f:id:ibukishimatani:20170919160831j:image

  

コイツを相棒にして、毎日更新しようと決意。

 

結局更新したのは18記事で、実際毎日とは行かず... 

まあリライトも含めるとほぼ毎日更新してたんで、よしとします。

 

 

7ヶ月目オススメ記事ベスト3!!

突然ですが、7ヶ月目に書いた記事でお気に入りの記事を発表します。

デデン!!

 

第3位:健康ってやっぱりチョー大切だと学んだのでテキトーにシェアハピします

クッソテキトーに書いた記事ですが、なんか好き。

 

 

第2位:夜道を1人で歩きながら聴きたいバンドを探しているあなたへ

ぼくの大好きなバンド、The Cheserseraへの思いのたけをぶちまけた記事です。

本当にいい曲ばっかりなのでみんなに聞いてほしいです。

 

 

第1位:パリピに憧れてクラブイベントやったら根暗のぼくがぶちのめされた件

タイトルはふざけていますが、ちゃんと書きました。

こんな時代もあったなあ、しみじみ。ということで堂々の第1位です。

 

 

まとめ:アフィリエイトで本格的に稼ぐ

2/3が終わってしまいましたが、9月も稼ぐという目標を軸にやっていきます

 

いちおう目標はこんな感じ。真剣にやってます。

 

とりあえず、今んとこ収益は2,000円を超えてきたのでいい感じです。Amazon1,000円は達成できたので、A8ネットで初発生させるのと、1万PVを達成することに専念します。

 

やるべきことは、MacBook AirとポケットWi-Fiを駆使して、多更新とA8で記事を書くってことですね。

 

自分が考えている戦略とか、やっている方法は間違っていないはず。

 

あとはやるかやらないか

 

これからドンドンうまく行くと思っています。時間はかかると思うけど。

 

正直なところ「イケる」としか思ってません(ドヤァ)

 

自分を信じてコツコツやるしかないし、そういうところが「ブログってやっぱり楽しいなー」って思います。

 

よっしゃ真剣にやる!!

 

それでは、また。

3週間ぶりにブログを更新します、ここ最近をふりかえる

f:id:ibukishimatani:20170918105855j:image

こんにちは、病み上がりなので100mでも走ろうものなら死ぬ男。

大学生ブロガーのいぶき(@Ibuki_No_Blog)です。

 

ここ3週間、ブログをまったく更新しませんでした

 

今こうしてブログを書いていますが、おかげで書き方を忘れちゃっているレベルです。

 

ということで、リハビリとして完全に日記形式でまずは書いていきます。

 

じゃあいくぞー。

 

 

まず、パソコンがぶっ壊れてました

ぼくが中学を卒業してから今までの約5年間愛用してきた相方、Macbook Pro。

 

最近はこのブログだったり、初めのころならゴミみたいな動画を量産していたYouTubeを編集していたり。

 

時にはクソ真面目に書いたレポートでも、ムフフな動画を観るときだって、いつもお世話になってきました。

 

それがぶっ壊れてしまい、それからはブログが書けなくなりました。ガッデム。

 

 

あ、あと人生初の沖縄に行きました

それからというものの、ま、休暇っしょ!ということで、全く更新せずPCを使えない状況を謳歌し始めました。

 

f:id:ibukishimatani:20170917134746j:image

 

まず、人生初の沖縄に行ってきました

 

f:id:ibukishimatani:20170917134647j:image

 

いやあ、よかったです

 

 

暑さはこたえましたが、なんといっても海がよかったです

 

f:id:ibukishimatani:20170917134727j:image

f:id:ibukishimatani:20170917134702j:image

 

行って知ったんですが、沖縄本島のビーチよりも宮古島や石垣島などの離島のビーチの方がキレイらしく、島も二時間とかで3000円とかでいけるらしいです。

 

次は島に行きたいっす

 

 

なにか新しいことをやりたくなったので、Polcaというものを始めました

そして二泊三日で沖縄を過ごした後は、いったん自宅の横浜にもどりました。

 

んでその日で、ともだちと飲みに行きました。

 

そこでともだちがPolcaを使っているということが発覚

 

衝撃でした。

 

Polcaとは、ネット上で 一口500円くらいの支援を人々から集めることができるサービスです

 

クラウドファンディングの簡易版みたいなものですね。

 

クラウドファンディングといえば、最近

 

真木よう子とか

f:id:ibukishimatani:20170917142215j:plain

 

山田孝之

f:id:ibukishimatani:20170917134119j:plain

 

が使って炎上?しちゃってましたね。

 

あれのお手軽版と考えてもらって結構です。

 

で、話は戻りますが、この友人君は、ぼくがいつか Polcaつかってなんかしよ〜と鼻をほじっている間に、行動していたのです。

 

自分を恥じました

 

ということでその場でPolcaを始めることに。

 

 

ブロガーTシャツをつくるという題目でTシャツを作ります。

 

いまのところ、2,500円集まりました。

ご支援していただける方がいましたらぜひおねがいします。
https://polca.jp/projects/FqDiJJYcRl0

 

 

その後部活の合宿へ

そして、次の日にはすぐに部活の合宿に向かいました

 

フツーに楽しかったですが、やはりお金がこたえますね。

 

固定費を下げると考えるのなら、サークルに入るのももういいんじゃないのかなとも思ってしまったのは事実です。

 

ともだちと離れるのは悲しいのでやめませんが><

 

 

んで、北海道に帰省しました

合宿も二泊三日で終わり、地元の北海道は札幌市に帰還しました。

f:id:ibukishimatani:20170917140253j:image

 

帰ってすぐ、「味の時計台」といういかにも北海道感だしてくる、札幌ならどこにでもあるという店でラーメンを食いました。

f:id:ibukishimatani:20170917140305j:image

 

これは醤油チャーシュー麺です

 

このどこにでもあるラーメン屋がクソうめえんだ…

 

なぜこんなにもうまいのだろうか?

 

ぼくがこの味に慣れ親しんでいるだけなのだろうか?

 

それとも誰もがウメァァァァァと舌をうならせる味なのだろうか?

f:id:ibukishimatani:20170917142823p:plain

 

とりあえず、やっぱり将来は北海道に住みたいと思いました

 

 

祖父母の家、ニセコへ

そして北海道有数の観光地で、世界でも有数のスキーリゾートであり僕の生まれ故郷でもあるニセコにきました。

f:id:ibukishimatani:20170917143209j:plain

 

ニセコめっちゃいいんですよ。

めっちゃ自然豊かだし。

 

f:id:ibukishimatani:20170917143319j:plain

 

歩いてても緑しか目に入ってこないし、羊蹄山という山があるんですが、歩いてたらそれがデーンと目に飛び込んでくるし。

 

f:id:ibukishimatani:20170917143351j:plain

 

ほんとに、一度来てみてください。

 

冬とかめっちゃいいですよ。

 

f:id:ibukishimatani:20170917143708j:plain

 

 

その後、爆裂にカゼをひきました

三日目くらいまでは順調に祖父母を手伝って、祖父母孝行なイイ孫ができてました。

 

しかし、それから突然の高熱と喉の痛みで爆烈に風邪を引きました。

 

この風邪をひいて思ったのは、やはり健康は最優先事項だなということです

 

貧乏だからって飯がカップ麺なんてもってのほかだし、部活を辞めてまったく運動しないのをそのままにするのもモーーーーーー最悪!!

 

しっかりとジムに行く必要があるわけですね。

 

そんなこんなでカゼで死んでました。

 

その半ばカゼをひいている中、神奈川に帰ってきたわけです。

 

帰ってきて思ったのはやっぱり神奈川人多いしせまいしダメだ

 

 

そしてMac book Air届いた

f:id:ibukishimatani:20170917140449j:image

 

んで神奈川の家に帰宅した次の日に、 念願のMac book Airが届きました

 

 

サイコーあああああああああああああああああ

 

全然充電のも減らないし、めっちゃ軽いし(物理的に)

 

立ち上がるのもサクサクだし。

 

 

これからガンガンブログを更新したい

とりあえずリハビリのつもりでテッキトーに書いてたら、やる気出てきました。

 

やっぱりブログ楽しい

 

どんどん書いていこうとおもいます。

 

ということで、こんな駄文でも最後まで読んでくださった方がいるのかは疑問ですが、読んでいただいてありがとうございます。

 

ということで、また更新します。

 

では、また。