今日もバカで行こう

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

MENU

大学生活の4年間で圧倒的勝利する生存戦略を紹介します

f:id:ibukishimatani:20170505141445j:plain

こんにちは、大学生ブロガーのいぶき(@IbukiNoBlog)です。

 

4年しかない大学生活、ムダにしたくないと考えている人は多いでしょう。

しかし、結局のところやりたいことも見つからず、すべきことも見つからない。

 

僕もそんな悩める大学生の1人です。

 

しかし、先日こんな記事を見つけて悩みが吹き飛びました。

 

今までモヤモヤと自分なりに考えていた学生生活の過ごし方で正しいんだと確信できました。

自分の場合に落とし込んで、納得した理由、それぞれのパートに対する自分の意見などを書いていきます。

 

 

 

今後の方針策定

やりたいことを軸に生きる

先に意思決定した奴は強い。「何を自分はしたいのか」これを定めることが出来ただけで大学時代は成功と言って良いかもしれないくらい重要だと思う。

 

やりたいことが見つかっただけで、「大学生活は成功」だそうです。

以前も書きましたが、やはり「自分のやりたいこと」は、成功したいので幸せな人生を送る上でそれだけ大事なんですね。

 

www.ibukinoblog.com

 

しかし、その「やりたいこと」を見つけられない、方法が分からないという大学生は多いはず。

実際僕もぼんやりとは見えてきたつもりではいるのですが、まだハッキリとは全く分かりません。

 

行動→経験→発見→継続のプロセス

見つけるにはなにをしたらいいか。

僕の経験則から言うと、行動するしかありません。

 

インプットでもアウトプットでも、なんでもやってみたいことを死ぬほどやって経験するしかないんです。

 

100個やってその中から1個でもやりたいことが見つかるかもしれないから。

 

そして、やりたいことを発見したあとやっていくうちに努力が必要な時が来ます。

ぼくはブログを書くのが楽しいと感じているからブログを書いています。

しかし、この記事も書き続けて1時間くらい経つところなので正直飽きて来ました...(笑)

 

 

けどそういう時は踏ん張らなくちゃいけない。

それがやりたいことだったのなら逃げたり辞めちゃダメなんです。

逃げたら成功できないんです。

 

逃げずに続けることが秀でる、差別化、抜きん出ることにつながるんです。

踏ん張った者にだけ、やりたいことで生きるという権利は与えられるんだと思います。

 

「やりたいこと」と「やりたくないこと」

逆にやりたくないことならすぐに逃げた方がいい。

僕の場合、そのやりたくないことは部活でした。

 

やりたくないことは続けるべきではないと思う。

やりたくないことをやって嫌な思いをしながら生きて生きたいですか?

 

僕はゼッタイに嫌です。

 

 

ハードスキル

英語

そこで衰退する日本と共に沈むことを受け入れたくない人は国外でも金を稼げぐ必要がある、そのための必須ツールは英語だ。

 

やはり、皆が口を揃えて言うように英語は大事です。

今後日本での市場はどんどん小なるというマイナス要因だけではなく、世界の交通網、情報網、通信網が発達したというプラス要因を考えても、英語を仕事で使えるレベルまで持って行くことには非常に大きな価値があると思います。

 

TOEICで高点数をとり、英語を仕事でも使えるようにしましょう。

 

 

IT 

だがじいさんはITは分からない、ここに若者のチャンスがあると言える。それを学ばないことは大きなチャンスが目の前にあるのに素通りしているのと同じだ、テクノロジーで何が出来るのか、何が出来ないのか、ボトルネックは何か、何が起きたらテクノロジーの爆発が起きるのか、こういったことは自ら技術を知り、マーケットの動向を感じることが出来なければテクノロジーを理解していないライターが書いたセンセーショナルな記事に踊らされて「ビッグデーター」などと言っている人と同じ動きをとってしまう。学ぼう。

 

めまぐるしく変わる現代の全てのものごとはITの分野で想像され、それを生み出した人々はみなITの世界に生きる人達です。

 

なりたい職ランキングの上位にITエンジニアが入って来たように

 

こんなことは予想していませんでしたが、ブログを始めてからITに関して大分興味を持つようになりました。

ほんの少しですが、Web制作においての雀の涙ほどの知識と理解を得ることができました。

  

 

ビジネス、金融

ビジネス、金融の基礎はエンジニアであっても経営に興味がなくても資本主義の世界に参戦するならその世界の仕組みは知っておくべきだ。

 

 

 

日々読書、インターンを経験、新聞を見て世の中を読み解く練習をしよう。

 

僕はひとまずは漫画のインベスターZを読んで勉強しています。

そして、今後も今までの様にたくさんビジネス書を読んで学んで行こうと思います。

 

 

ソフトスキル

コミュ力

そのためにはまともなコミュニティに入ることが得策でしょう。

 

やはり付き合う人は選ぶ。

去年の暮れに狂ったように観ていたDropbox創業者のスピーチの動画です。

この中でも言われているのが、あなたの1番親しい周りの友人5人の平均値があなたになるということ。

 

www.youtube.com

 

付き合う人は選びましょう。

自分の刺激になり、成長させる環境を自分で整えましょう。

 

タフネス

追い詰められよう、そして乗り越え続けよう。これはなんでも良いかと思います。理系でしたらラボ、体育会であればスポーツ。高い目標を掲げ達成し続けよう。

 

経営者や、一流のビジネスマンは体育会出身者が多いのは周知の事実。

つまり、成功するには何事にも耐える忍耐力が必要。

 

体育会は辞めた。けどそんなの関係ない。経営者、一流のビジネスマンには体育会出身者はいくらでもいる。

ここだけすごくネック...

 

振る舞い

「社会人になってからでいい!学生時代は遊べ!」と言っているうちに社会人になって振る舞いでの失敗を繰り返し下りのキャリアへ入ることのないように。

最近考えることが多いのがコレです。

僕はもう20歳、あと少しで21歳になります。

そこで社会の中で生きていて、人と関わっている中でどういう立ち振る舞いをするべきなのか。

 

喫茶店でイスにだらんと浅く座るべきではない。

本当は飲食禁止の大学のパソコン室で、皆んなが飲食しているからと言って自分もするのか。

 

そんなことしか思いつきませんが...

 

まとめ

僕は一流になってたくさんのお金を稼ぎたい。

人の役に立つ何かを成し遂げてチヤホヤされたい。

世の中に必要とされたいです。

 

そのためには、行動して経験してやりたいことを見つけて継続して抜きん出て、IT、英語、ビジネス、金融のソフトスキルを身に付けてコミュ力、タフネス、振る舞いを身につければ良いわけです。

 

がんばらなきゃあああああああ!

 

だから今ここに書いたことを、大学生活でこれからも続けていくつもりです。

僕と同じように考える大学生は今すぐにこういった大学生活を送るべきだと思います。

 

1460日しかない大学生活を無駄にするかしないかはあなた次第です。

 

僕はムダにしたくないし、将来成功したいので先に行きますね!

では!

ブログ始めて3ヶ月、腹が立つことをまとめてみる

f:id:ibukishimatani:20170502173032p:image

 

こんにちは、大学生ブロガーのいぶきです(@IbukiNoBlog)

 

そろそろブログを始めて3ヶ月経とうとしています。

まあまあ成長もしていますが、成長率の悪さに発狂しそうです。

 

最近ブログを始めていろいろイライラも溜まってきました。

折角だからネタにして消化したいと思います。

 

 

最初は嬉しい話題を。

 

 

アドセンスが通った

これは嬉しいニュース。

最近グーグルアドセンスというブログに広告を貼るサービス利用の審査に通過しました。

 

つまり、ブログで金を稼げるようになった!!

 

この間学校で「アフィリエイトって儲かんの?」って聞かれて「今は広告貼るのも審査中で稼げてない」って答えましたが…

 

それからしたらメチャ成長してる!

 

そんな感じで嬉しいこともあるんです。

 

ではここからは腹が立つことを言います。

 

PV数がなかなか増えない

けどコレ、本当にコレ。

 

たとえば4/21のアクセス数。

なんなん、1日15PVって!!??

 

いや、逆にこの日の15アクセスを作ってくれた読者の方々、本当にありがとうございます。

 

 

周りと比較してしまう

ブログは自分との戦いなんですよね。

本当にそうなんです。

別に周りがどんな記事を書こうと、どんなにアクセスが伸びていようと関係ない。

 

じぶんがいかに面白い記事を書いて、読んでもらって、弱いところは最低限まで改善していく。強いところはドンドン伸ばしていく。

 

いわばゲームみたいなもんです。

 

だから周りと比較するのはナンセンスです。

そんなのわかってるよ!

 

でも気にしてしまう。

着実に、自分のペースで頑張ろう…

 

 

コメントがつかない

これ、ブログやっててコメント貰ったこと一回もねえわ!!

 

ちくしょう、あああでもなんでもいいからコメントが欲しい…

Twitterとかでコメント貰ってるリツイートとかみるとすごく羨ましいなあって思います。

 

 

読者も全然増えない

読者の数は15人です。

これらの読者の方々、ホントににありがとうございます。

感謝しています。

 

ただ、読者の数なかなか増えません。

始めたばっかで読者「ウン十人」とかいうブロガーさん凄いなあ。

 

 

トップブロガーと交流する彼ら

これね。

大学生でいがち。

 

頭もいいし結局要領がいいんですよね。

僕はほんとうに要領が悪いので、こういうブロガーたちを見るとねたんでしまうのです。

 

こちとらイベント参加したくたって金がねえんだよ!!

東京行くのにも交通費も時間もバカにならねえんだよ!!

 

くそーー、くそーー…

 

 

ここまでグチグチ書いてきましたが

いろいろとグチグチと書きましたが、これだけで終わるほどバカじゃないのが僕のいいところだと自負しています。

 

ビバ俺。

 

ね、書いてるうちにスッキリしたし、「じゃあこの愚痴を生み出す諸問題の原因はどうすれば解決できるのか」って考えるキッカケになりました。

 

 

3ヶ月は過ぎたけど、まだ50記事も書いてないしこれからこれから

 

ブーブーあーだこーだ言いましたが、結局ぼくまだ45記事くらいしかかいてないんですよね。

頑張って100記事書きます。

 

 

とりあえず本を買って勉強してみます

あとブログの本買ってみます。

これからAmazonでポチってきます。

なんかネットで全部いけるっしょ!みたいに思ってたけど、正直大変だしだし、時間もムダなので。

 

 

トップブロガーのマネをします

よく「最初のうちはパクってパクってパクリまくる」、「ある程度結果が出せたら個性をだす」なんて言われてます。

 

だからトップブロガーのマネを今後はどんどんしていこうと思います。

デザイン、記事の構成、プロフィールの書き方、アイキャッチ画像などなど。

 

 

あとギブアンドテイクの精神を復活させます

オーストラリアに行ってるときに思ってました。

自分が現地の高校生に話しかけるから、彼らも留学生のぼくに話しかけてくれます。

 

つまり、「ギブアンドテイクだな…」と。

 

読者登録、はてブ、コメント、面白かったらしっかり残していきます!!

そしたらみんなもしてくれるかな!!

 

待ってるンゴ!

 

 

んで、ぜーったいやめない!!!

で、ここが最後のキモだと思うんですが、「ブログ、ぜーったいやめない!!」ってとこです。

 

あんまり頑張るって言葉好きじゃないんですが、頑張って続けます。

 

あ、好きなことでもこうやって嫌になるときがくる、けどそういうときに「頑張る」が必要なんですね。

 

あー、なるほど分かった。

 

 

まとめ

なんだかんだブログ楽しいです!

いつも読んでくれてサンキューです! !

ありがとう!!みんな最高だ〜〜!

 

よかったら読者登録もしてね!!

思ったこと、なんでもいいからコメントもください!!

 

これからも楽しんで頑張るぞー!!

 

では!

大学1年生で身につけて良かったと感じる7の習慣

f:id:ibukishimatani:20170427162452j:image

こんにちは、大学生ブロガーのいぶき(@IbukiNoBlog)です。

 

早いもので、大学二年生になってもう1ヶ月が過ぎようとしています。

わりと波瀾万丈いろいろあった大学1年生を過ごしたと自負している僕です…←

 

記憶が消えないうちに大学1年生でやっておいてよかったと感じたことを残しておきます。

 

 

なんか違うと思ったらすぐ辞める

ぼくはたくさん本を読んだり、ネットでいろんな記事をみたりする習慣があります。

一般的な大学生にくらべると成功者の価値観に多く触れていると思います。

 

そこで彼らがみな口を揃えて言うのが、「好きなことを見つけて極めろ」ということです。

いま現在、いろんな職業、生き方が可能になりました。

 

そこで大事なのは、「我慢する能力」とかじゃなくて、「好きなことを見つけて続ける能力」だそうです。

だから、なんか違うなってことはやらなくていいんです。

 

僕も、1年の終わりまで大学のテニス部に入っていましたが辞めました。

理由は簡単、なんか違うと思ったからです。

 

辞めることを「逃げ」だとか「良くない」とか思わないでほしい。

いろんな経験をして、「なんか違う」と思ったら即座に辞めて、いつしか好きなこと見つけて、それを極めてほしい。

 

テニス部を辞めるか続けるか悩んでいた昔の僕に言いたいです。

 

 

面白そうならノリで即行動に移す

今やっている活動がなんか面白くないなら、即座に辞めることも大事です。

でもそれと同じくらいに大事だと感じたことが、ちょっとでも「面白そう」とか「やってたい」って思ったらノリですぐやってみること!

 

ノリが良ければいろんなことを経験できて、より好きなことが見つかるまで早くなるじゃんか。

 

僕も1年生のときノリでいろんなことをしました。

 

友達から学祭の女装コンテストに誘われて出場←結果はドンズベリして入賞すらせず

 

なんか面白くないしお金稼ぎたいから学生イベントを企画←パリピ具合についていけなくて辞める

 

 

ブログ←なにか残したい、人と違うことをやりたい、あわよくばお金欲しい…

 

てな感じです。

結果、やらなければ絶対に考えなかったことを考えられたし、実際になんか面白かったし人生のネタにもなりました。

 

ノリでなんでもやってみましょう。

なんか難しそうとか失敗したら怖いとか思う暇があったらやりましょう。

 

 

人の目を気にしないよう意識する

ほんとこれ。

日本人はこれが多すぎです。

そんなんだから面白くない平凡な人生になるんです。

 

別に周りと違くても個性でいいじゃないですか。

人の目を気にしててもいいことありません。

ガンガンやりたいようにやりましょう。

 

たとえば、学校に入ってすぐに長期インターンの広告を見て1年生の時にインターン受けようとしてみたんです。

本当に僕は影響されやすいですね。

 

しかし、部活の先輩に「おまえ、インターンで差がつくつ差がつくって言ってるけどその差ってなに?」って言われて辞めました。

 

先輩にビビってました。

でも今になっては、「あのときやってたらどうなってたんだろう」ってことです。

どうなってたんでしょうね。

 

逆に人の目を気にしなかったこともありました。

それは部活を辞めたこと。

周りからは確実にマイナスに写るし、親からしたら嬉しくないでしょう。

 

祖父母には猛烈に反対されました。

しかし、辞めたし親にはなんと事後報告です。

でも辞めて良かったです。

こうやってブログ書けてますから。

 

とにかく周りの目なんて気にしてもいいことは「ない」のです。

 

 

単位はとるけど授業をまじめに受けない

 

「大学生だから真面目に授業受けなきゃ」って思ってませんか?

いえ、受けたいならいいと思います。

興味ある勉強ならガンガンするべきです。

 

けど、問題は興味ないのに真面目に授業を受けてるときです。

それなら、やりたいことをやる時間に使ったほうがいいです。

 

ただ、単位だけはしっかりとりましょう。

僕は去年の後期、やりたいことだけやって単位を落としまくったのでぜっさん後悔中です。

 

学イベやるために金曜の授業3限から切ったなあ。

懐かしい。

 

 

本を読む

大学生って読む人は読んでるんですよね。

ただほとんどが空いた時間なにやってるかというとパズドラかTwitterですよね。

本当に無駄だと思います。

 

そういうときは、本を読めばいいんです。

本を読むと知識が増えます。

そうすると、考えられなかったことが考えられるようになって、人生が必ず豊かになります。

 

正直本を読む大切さは、本を読む人にしかわからないと思います。

ね、経験した人にしかわからないこと多いでしょ?

 

僕も割と本を読んでます。

最近は、株の知識を得たいので、「インベスターZ」というまんがを読んでいます。

 

 

勉強したいことは勉強する

大学という場は、学ぶのに最高の環境です。

図書館にいけば、各分野の専門書が無料で読めます。

学びたいことは積極的に学ばないともったいないです。

 

僕も、学校で本を借りて読んだり、気になる授業は履修して面白かったらちゃんと聞いてノートとって何か得ようとがんばってます。

 

 

人にいる場所に沢山行く

最近は減った気がしますが、「俺コミュ障だから…」とか言うヤツ。

知らねえわ、俺もだわ!!

けどなんか得ようとがんばって人に誘われたらできるだけ知らない人が多くても行ってます。

 

絶対人との出会いは多いほうが豊かな人生になります。

本当に確信してます。

大げさですけど、その分よりたくさんの価値観に触れられますから。

 

僕も英語部に去年の途中から入って、全然知らない人ばっかりで怖かったんですが、行事にはぼぼ参加するようにしました。

結果、自然体でいる重要性とか人とのコミュニケーションをすごく学べたと思います。

 

まとめ

はい、ということで僕が1年生で身につけられて良かったなあという習慣をまとめました。

別に1年生じゃなくても、絶対身につけたほうがいいと思います。

 

【自炊】パスタ初心者に送る!知っておきたい5つの基礎知識

f:id:ibukishimatani:20170427160007j:image

こんにちは、大学生ブロガーのいぶき(@IbukiNoBlog)です。

 

最近大学の部活をやめてから自炊をする機会が増えました。

パスタをよく作っていて気付いたのですが、安いし簡単だし自炊初心者の方にはとってもオススメです!

 

そこで今回はパスタを作るようになって獲得した、パスタの基礎知識をシェアしたいと思います。

 

 

お湯の量は100gに対して1.5ℓ

パスタを作る際、一般的に一食100gで作ると思います。
100gは、茹でる前のパスタの束の重さを指します。

 

んで、パスタは一食分100gで束ねられていることが一般的です。

一食分100gを茹でるなら、お湯は1.5ℓで茹でましょう。

 

 

茹でている間はつねに沸騰を保つ

f:id:ibukishimatani:20170427160029j:image

いざ、「パスタを茹でるぞ!」となってパスタを投入すると、これまでお湯が沸騰していてもしなくなることがあります。

 

パスタを茹でる際は、お湯が沸騰したらパスタを投入して、袋に記載された時間茹でましょう。

その間は、水面が常にボコボコというよりは、ポコポコと言っているくらいの温度を保つことがポイントです。

 

 

お湯に対しての塩の量は1%

f:id:ibukishimatani:20170427160041j:image

パスタを茹でるとき、塩を入れて茹でることは有名だと思います。

お湯にパスタを投入する前に、塩を入れましょう。

 

正直ネットを見たりしていると「塩は入れなくていい」とか「塩は必ずお湯の量の1%入れるべき」とか書いてあります…

 

ただ、料理人の方は塩を入れて茹でることを基本にしているようなので、僕は入れてます。

で、「入れるならどれくらい」という点ですが、お湯の量に対して1%です。

 

お湯が1.5ℓなら、15gといった具合です。

 

 

ファサっとかっこいい麺の入れ方

パスタを鍋に入れるときそのまま入れて鍋の中で混ぜて麺をばらけさせるんじゃ味気ないです。

カッコよく入れましょう。

 

こちらの動画を参考にすると分かりやすいです。

 

https://youtu.be/7cfNeCF6uMo

 

 

オリーブオイルには、ピュアとエキストラがある

f:id:ibukishimatani:20170427160105j:image

パスタを作る際、よく使われるのがオリーブオイルです。

オリーブオイルには、ピュアとエキストラの2種類があります。

 

ピュアは最近では使われなくなり、「ピュアオリーブオイル」ではなく、単に「オリーブオイル」と呼ばれることが一般的だそうです。

エキストラは、値段も高く香りが強いのが特徴です。

 

 

加熱に使うなら普通のオリーブオイル

僕はパスタにハマりだして、ペペロンチーノを何度も作りました。

YouTubeで色々な料理動画を見たのですが、ペペロンチーノの具材であるニンニクと唐辛子を炒める際に使う油など、加熱するのであれば、普通のオリーブオイルでいいそうです。

 

なぜかというと、エキストラを使っても加熱されて香りが飛んでしまうので、もったいないのです。

 

 

味付けに使うならエキストラバージンオイル

ただ、味付けに使うのであれば、香りが高いエキストラオリーブオイルを使うべきです。

普通のオリーブオイルを使っても、あまり香りは足せません。

 

 

まとめ

パスタ初心者の方へ、パスタを作る前に知っておきたい基礎知識をお伝えしました。

よっしゃ、パスタ作ってこよーっと。

 

では!

【マストドン】ブロガー用インスタンスに参加してみた感想

f:id:ibukishimatani:20170426074147j:image

 

こんにちは、大学生ブロガーのいぶき(@IbukiNoBlog)です。

 

昨晩ブロガー用のマストドンのインスタンス(blogger-mstdn.com)が出来上がったという投稿を発見…!



やぎさん、ツイート引用失礼します。

 

ということで、早速参加してみました。

 

さらっとさわってみての感想などを書いていきたいと思います。

 

 

マストドンとは

①仕組みが違う!

マストドンとは、タイムラインがあって、フォローができて他のユーザーの投稿を拡散できてとTwitterと似たツールみたいですが、違う点がいくつかあります。

1番おおきな違いが、インスタンスと呼ばれる参加するコミュニティを選べることです。

 

たとえば、僕が今回参加したインスタンスはブロガー向けのコミュニティです。

他にもこの記事を公開時点で日本最大のインスタンス(mstdn.jp)などがあります。

 

この趣味で別れたインスタンスがいくつもあるということで、始めた瞬間から同じ趣味の人と一気に繋がれるんです。

 

たとえばTwitterだと結局フォローしないと同じ趣味の人とつながれないじゃないですか。

マストドンだと、始めた瞬間から繋がれます。

 

②用語が違う!

ツイート→トゥート

リツイート→ブースト

 

他にいいくつか違いがあります。

こちらをご参考ください。

 

www.google.co.jp

 

 

マストドンの始め方

僕のiPhoneは大二病全開なので英語の言語設定なです…

だからなのか、このインスタンスが英語表示なのかは分かりませんが、全て英語表示でした。

 

 f:id:ibukishimatani:20170426074625j:image

 

f:id:ibukishimatani:20170426074632j:image

 

ただ、Twitterと始める要領と変わらないので、ネットに強いブロガーのみなさんなら困らず始められると思います!

 

マストドンは、まず参加したいインスタンスを選ぶことから始めます。

今回は、ブロガー向けのインスタンスに参加しています。

 

  1.  mstdn-blogger.comにアクセスする
  2. ユーザー名、パスワード、メールアドレスを打ち込む
  3. 打ったアドレスにメールが届くので、そこからリンクへ飛ぶ
  4. プロフィールを設定する
  5. iOSユーザーであれば、Amaroqをインストールする
  6. ログインする
  7. 使う

 

 あとは自由に使いましょう!

有名人をフォローするもよしです!

 

f:id:ibukishimatani:20170426073821j:image

 

ちなみにマストドンでは、名前の後にドンをつけるのが流行っているみたいです。

なにこれ、楽しい。

 

 

感想

久しぶりのワクワク感

まあ、最近SNSって出尽くした感あってTwitterもFacebookもずっと固定で使ってきたじゃないですか。

だから、マストドン始めたときはめっちゃワクワクしましたね、なんだろうこの感じは。

 

ブロガー集団のタイムラインは便利

このTwitterとの違いである、コミュニティがすでにあるという点は本当にいいと思います。

たしかに僕も始めた瞬間からブロガーさん達のツイート、あっ、トゥートに触れられましたし。

 

 

フォローして自分専用タイムラインも作れるのがいい

ただ、Twitterでもあるあるだと思うんですけど、フォローしてから気づくんですが、この人のツイート総じてろくでもないな…って人いるじゃないですか?

 

そんな人もインスタンスにはたくさんいると思います。タイムラインに流したい人だけをフォローをすることで、Twitterと同じように自分がフォローした人だけのタイムラインを作れる点も魅力だと思います。

 

ただ、Twitterでもよくない?

ぶっちゃけると、今の僕にはうーん、Twitterでよくない?も思いました。

なぜかというと、僕はTwitterですでに同じ趣味の方と繋がれてるしっていう。

 

ブロガー界の有名な方々は絶賛してるので僕の思考が浅はかなのかも知れませんが…

ただ今後新しくネットで同じ趣味の人と繋がりたい!っていうことであればすごくいいと思います。

 

 

まとめ

ということでマストドンやってみましたという記事でした。

ちなみに、僕のアカウントは@IbukiNoBlogですので、フォローしたい方がいましたらぜひとも…!

みなさんも一度やってみてくださいドン!

 

では!

【書評】大学生のリアル、「何者」を読んだ感想

もし「あなたは何者であるか」と聞かれて、どう答えるでしょうか?

この本は、そんな質問を投げかけてくる本でした。

こんにちは、大学生ブロガーのいぶきです。

 

自分が何者であるかということを考えたことがあるでしょうか?

もしあったとしても、その答えは本当にあなたが何者かを表す本質でしょうか。

僕は、「何者」を読んでから僕が考えた答えが間違いであることに気づきました。

 

自分自身が本当に何者かについて考えたい方にぜひオススメの本です。

これから「何者」を読んで考えたことをお伝えします。

 

 

 

自分は何者なんだろうか

自分がどんな人間かを表す「肩書き」ということば。

〇〇部部長、〇〇実行委員会委員長、〇年〇大学交換留学、学生団体立ち上げ。

それは本当に自分の本質なんでしょうか?

 

この本を読んで、これは「肩書き」であって自分が「何者」かを表すことばではないと気づきました。

自分から、「肩書き」という自分をかっこよく見せる鎧をおろした真のすがた。

それが、自分がほんとうに「何者」かなんですね。

 

つまり、その肩書きにたどり着く過程で身に付けた、自分という人間を構成する一部になったものが、本当の自分なんですね。

それを認めなくちゃいけないんですよね。

その肩書きの割に自分が身に付けたものがちっぽけで少ないものだったとしても。

 

 

自分が何者かを認めるところから始めよう

自分が何者であるかは、肩書きが決めるんじゃありません。

自分の中にある、じぶんが決めるんです。

それを見た周りはどう思うのかが決めるんです。

 

決して、自分が固めた肩書きが決めるんじゃないんです。

まずは、それを認めるところから始めて見ようと思います。

 

 

そして何者になりたいんだろうか

自分は何者になりたいのか。

そう考えたとき、肩書きではなく、本質を考えようと思いました。

本当にじぶんになるのは、肩書きじゃない、何がじぶんを構成しているかなんです。

 

たとえば最近思ったことがあります。

僕は去年の12月からスターバックスでアルバイトしています。

最近は仕事も少しは慣れてきてまあまあ楽しいんですが、いまいち身が入りません。

 

多分、肩書きを求めて始めたからなのだと思います。

僕はTwitterのプロフィール欄に「バリスタ」とか、バイト何って聞かれたときにスタバって言いたいだけだったんだと思います。

 

これに気づいたときなんとなく腑に落ちました。

これからは、何者になりたいかと考えたとき、肩書きではなく、本当に自分がどういった人間になりたいかを考えたい。

この本を読んで、そんなことを考えたのでした。

 

 

まとめ

就活中の大学生のみなさんも、これから就活の大学生のみなさんも一度読んでみて下さい!

自分が今どんな人間で、これからどんな人間になりたいのか、しっかり考えられると思います。

では!

大学生が「部活辞めたいけど頑張る」のってなんかおかしくない?

f:id:ibukishimatani:20170421172936p:plain

 

なんでみんな部活もバイトも辞めたい辞めたいって言いながら頑張るの?

辞めたいなら辞めればいいと思います!

こんにちは、大学生ブロガーのいぶきです。

 

続けることが美徳!?

いや、確かに続けることは大事だと思うよ。

継続して頑張ることで見えてくることもあるしね。

「継続は力なり」、「石の上にも3年」って言うし。

 

けど続けるってのは、好きなことだから続けられるし続けるべきなのであって…

結局好きでもないモチベーションが湧かないことを続けても自分は嬉しくないと思う。

そんなふうに時間をつかうくらいなら、好きなことを探して、見つかったらそれを続けていくことに時間を使った方がいいんじゃないだろうか。

 

 僕は現に部活を辞めて、ぜんぜん畑違いですがブログってのを始めてみました。

楽しいから続いてるし、いま超楽しいです。

 

 

しかし親世代が黙っちゃいない

けど年を取れば取るほど、大人たちはこう言いますよね。

 

「嫌でも続けろ、簡単に逃げるな」みたいな。

 

年を取れば取るほどみんながそう言うってことは、彼らは「嫌なことでも続ければイイことがある」っていうのに気づいたわけです。

 彼らのように自分よりもたくさん経験してきた人の意見は参考にするべきだと思います。

 

だから本を読むこともこれだけ推されているんでしょう。

けど、今の時代本当にそうなんでしょうか?

嫌なことでも一度始めたら続けるべきなんでしょうか?

 

いえ、正直に生きることが正解だと僕は思います。

今はインターネットとかがあるおかげで、新しい色々な生き方が出来るようになったからです。

 

 

ジャスティンビーバーもホリエモンもそう

2人とも共通していること。

 

それは、好きなこと得意なことが仕事になったと言うことです。

 

どうせなら、なんでもできる自由な大学生活で、思う存分好きなことやってみたくないですか?

僕はそうしたいです。

そして、それが将来仕事に結びついてくれたらな...なんて妄想が頭から離れません。

 

彼らのように好きなこと、得意なことをチャチャッと見つけてずっとそれをやればいいんです。

 

それなのになぜやりたくもないバイトを続け、やりたくもない部活に人生を邪魔され続けるんでしょうか?

 

好きなことをみつけるために、やってみたいことはすぐやって、なんか違うと思ったらすぐ辞める。

そしていつしか好きなこと、得意なことが見つかって、それをずっと続けて行く。

 

そうやって生きてきたのが成功者です。

 

面白くもない、やる気もわかないことに時間を使うなんてムダでしかありません。

いくら部活の先輩が、親が、周りがどうこう言おうが関係ありません。

 

嫌なことなら辞めましょう。

 

そして本当に好きなことを見つけましょう。

 

 

まとめ

僕も部活を辞めて、ブログを始めてみて今後ブログが本当に自分の好きなこと、得意なことになるのかは不明です。

 

けど、大してやる気も湧かない部活はやめてよかったと思っています。

 

だからこそこうやって新たなチャレンジ出来る環境に身を置けたんですから。

 

では!