今日もバカで行こう

大学生が「部活辞めたいけどがんばる...」ってなんかおかしくない?

f:id:ibukishimatani:20180326195503j:plain

 部活辞めたい...

と思っている大学生は、さっさと辞めましょう。

実際に体育会テニス部を1年で辞めたぼくが、その理由を解説したいと思います。

 

ものごとは続けることが美徳なのか?

確かに続けることは大事だと思います。

継続して頑張ることで見えてくることもありますし。

「継続は力なり」、「石の上にも3年」って言いますよね。

 

けど続けるってのは、好きなことだから続けられるし続けるべきなのであって…

結局好きでもないモチベーションが湧かないことを続けても嬉しいものではありません。

そんなふうに時間をつかうくらいなら、好きなことを探して、見つかったらそれを続けていくことに時間を使った方がいいんじゃないんでしょうか?

 

 僕は現に部活を辞めて、ぜんぜん畑違いですがブログってのを始めてみました。

楽しいから続いてるし、いま超楽しいです。

  

親はものごとを辞めることに反対である

けど年を取れば取るほど、大人たちはこう言いますよね。

 

「嫌でも続けろ、簡単に逃げるな」みたいな。

 

年を取れば取るほどみんながそう言うってことは、彼らは「嫌なことでも続ければイイことがある」っていうのに気づいたわけです。

 彼らのように自分よりもたくさん経験してきた人の意見は参考にするべきだと思います。

 

だから本を読むこともこれだけ推されているんでしょう。

けど、今の時代本当にそうなんでしょうか?

嫌なことでも一度始めたら続けるべきなんでしょうか?

 

いえ、正直に生きることが正解だと僕は思います。

今はインターネットとかがあるおかげで、新しい色々な生き方が出来るようになったからです。

 

 

続けるなら本当に好きなことを

 

どうせなら、なんでもできる自由な大学生活で、思う存分好きなことやってみたくないですか?

僕はそうしたいです。

そして、それが将来仕事に結びついてくれたらな...なんて妄想が頭から離れません。

 

彼らのように好きなこと、得意なことをチャチャッと見つけてずっとそれをやればいいんです。

 

それなのになぜやりたくもないバイトを続け、やりたくもない部活に人生を邪魔され続けるんでしょうか?

 

好きなことをみつけるために、やってみたいことはすぐやって、なんか違うと思ったらすぐ辞める。

そしていつしか好きなこと、得意なことが見つかって、それをずっと続けて行く。

 

そうやって生きてきたのが成功者です。

 

面白くもない、やる気もわかないことに時間を使うなんてムダでしかありません。

いくら部活の先輩が、親が、周りがどうこう言おうが関係ありません。

 

嫌なことなら辞めましょう。

 

そして本当に好きなことを見つけましょう。

 

 まとめ

僕も部活を辞めて、ブログを始めてみて今後ブログが本当に自分の好きなこと、得意なことになるのかは不明です。

 

けど、大してやる気も湧かない部活はやめてよかったと思っています。

 

だからこそこうやって新たなチャレンジ出来る環境に身を置けたんですから。

 

▼部活辞めたいならこんな記事もおすすめ!▼