今日もバカで行こう

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

MENU

大学生活の4年間で圧倒的勝利する生存戦略を紹介します

f:id:ibukishimatani:20170505141445j:plain

こんにちは、大学生ブロガーのいぶき(@IbukiNoBlog)です。

 

4年しかない大学生活、ムダにしたくないと考えている人は多いでしょう。

しかし、結局のところやりたいことも見つからず、すべきことも見つからない。

 

僕もそんな悩める大学生の1人です。

 

しかし、先日こんな記事を見つけて悩みが吹き飛びました。

 

今までモヤモヤと自分なりに考えていた学生生活の過ごし方で正しいんだと確信できました。

自分の場合に落とし込んで、納得した理由、それぞれのパートに対する自分の意見などを書いていきます。

 

 

 

今後の方針策定

やりたいことを軸に生きる

先に意思決定した奴は強い。「何を自分はしたいのか」これを定めることが出来ただけで大学時代は成功と言って良いかもしれないくらい重要だと思う。

 

やりたいことが見つかっただけで、「大学生活は成功」だそうです。

以前も書きましたが、やはり「自分のやりたいこと」は、成功したいので幸せな人生を送る上でそれだけ大事なんですね。

 

www.ibukinoblog.com

 

しかし、その「やりたいこと」を見つけられない、方法が分からないという大学生は多いはず。

実際僕もぼんやりとは見えてきたつもりではいるのですが、まだハッキリとは全く分かりません。

 

行動→経験→発見→継続のプロセス

見つけるにはなにをしたらいいか。

僕の経験則から言うと、行動するしかありません。

 

インプットでもアウトプットでも、なんでもやってみたいことを死ぬほどやって経験するしかないんです。

 

100個やってその中から1個でもやりたいことが見つかるかもしれないから。

 

そして、やりたいことを発見したあとやっていくうちに努力が必要な時が来ます。

ぼくはブログを書くのが楽しいと感じているからブログを書いています。

しかし、この記事も書き続けて1時間くらい経つところなので正直飽きて来ました...(笑)

 

 

けどそういう時は踏ん張らなくちゃいけない。

それがやりたいことだったのなら逃げたり辞めちゃダメなんです。

逃げたら成功できないんです。

 

逃げずに続けることが秀でる、差別化、抜きん出ることにつながるんです。

踏ん張った者にだけ、やりたいことで生きるという権利は与えられるんだと思います。

 

「やりたいこと」と「やりたくないこと」

逆にやりたくないことならすぐに逃げた方がいい。

僕の場合、そのやりたくないことは部活でした。

 

やりたくないことは続けるべきではないと思う。

やりたくないことをやって嫌な思いをしながら生きて生きたいですか?

 

僕はゼッタイに嫌です。

 

 

ハードスキル

英語

そこで衰退する日本と共に沈むことを受け入れたくない人は国外でも金を稼げぐ必要がある、そのための必須ツールは英語だ。

 

やはり、皆が口を揃えて言うように英語は大事です。

今後日本での市場はどんどん小なるというマイナス要因だけではなく、世界の交通網、情報網、通信網が発達したというプラス要因を考えても、英語を仕事で使えるレベルまで持って行くことには非常に大きな価値があると思います。

 

TOEICで高点数をとり、英語を仕事でも使えるようにしましょう。

 

 

IT 

だがじいさんはITは分からない、ここに若者のチャンスがあると言える。それを学ばないことは大きなチャンスが目の前にあるのに素通りしているのと同じだ、テクノロジーで何が出来るのか、何が出来ないのか、ボトルネックは何か、何が起きたらテクノロジーの爆発が起きるのか、こういったことは自ら技術を知り、マーケットの動向を感じることが出来なければテクノロジーを理解していないライターが書いたセンセーショナルな記事に踊らされて「ビッグデーター」などと言っている人と同じ動きをとってしまう。学ぼう。

 

めまぐるしく変わる現代の全てのものごとはITの分野で想像され、それを生み出した人々はみなITの世界に生きる人達です。

 

なりたい職ランキングの上位にITエンジニアが入って来たように

 

こんなことは予想していませんでしたが、ブログを始めてからITに関して大分興味を持つようになりました。

ほんの少しですが、Web制作においての雀の涙ほどの知識と理解を得ることができました。

  

 

ビジネス、金融

ビジネス、金融の基礎はエンジニアであっても経営に興味がなくても資本主義の世界に参戦するならその世界の仕組みは知っておくべきだ。

 

 

 

日々読書、インターンを経験、新聞を見て世の中を読み解く練習をしよう。

 

僕はひとまずは漫画のインベスターZを読んで勉強しています。

そして、今後も今までの様にたくさんビジネス書を読んで学んで行こうと思います。

 

 

ソフトスキル

コミュ力

そのためにはまともなコミュニティに入ることが得策でしょう。

 

やはり付き合う人は選ぶ。

去年の暮れに狂ったように観ていたDropbox創業者のスピーチの動画です。

この中でも言われているのが、あなたの1番親しい周りの友人5人の平均値があなたになるということ。

 

www.youtube.com

 

付き合う人は選びましょう。

自分の刺激になり、成長させる環境を自分で整えましょう。

 

タフネス

追い詰められよう、そして乗り越え続けよう。これはなんでも良いかと思います。理系でしたらラボ、体育会であればスポーツ。高い目標を掲げ達成し続けよう。

 

経営者や、一流のビジネスマンは体育会出身者が多いのは周知の事実。

つまり、成功するには何事にも耐える忍耐力が必要。

 

体育会は辞めた。けどそんなの関係ない。経営者、一流のビジネスマンには体育会出身者はいくらでもいる。

ここだけすごくネック...

 

振る舞い

「社会人になってからでいい!学生時代は遊べ!」と言っているうちに社会人になって振る舞いでの失敗を繰り返し下りのキャリアへ入ることのないように。

最近考えることが多いのがコレです。

僕はもう20歳、あと少しで21歳になります。

そこで社会の中で生きていて、人と関わっている中でどういう立ち振る舞いをするべきなのか。

 

喫茶店でイスにだらんと浅く座るべきではない。

本当は飲食禁止の大学のパソコン室で、皆んなが飲食しているからと言って自分もするのか。

 

そんなことしか思いつきませんが...

 

まとめ

僕は一流になってたくさんのお金を稼ぎたい。

人の役に立つ何かを成し遂げてチヤホヤされたい。

世の中に必要とされたいです。

 

そのためには、行動して経験してやりたいことを見つけて継続して抜きん出て、IT、英語、ビジネス、金融のソフトスキルを身に付けてコミュ力、タフネス、振る舞いを身につければ良いわけです。

 

がんばらなきゃあああああああ!

 

だから今ここに書いたことを、大学生活でこれからも続けていくつもりです。

僕と同じように考える大学生は今すぐにこういった大学生活を送るべきだと思います。

 

1460日しかない大学生活を無駄にするかしないかはあなた次第です。

 

僕はムダにしたくないし、将来成功したいので先に行きますね!

では!