今日もバカで行こう

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

大学1年生で身につけて良かったと感じる7の習慣

f:id:ibukishimatani:20170427162452j:image

こんにちは、大学生ブロガーのいぶき(@IbukiNoBlog)です。

 

早いもので、大学二年生になってもう1ヶ月が過ぎようとしています。

わりと波瀾万丈いろいろあった大学1年生を過ごしたと自負している僕です…←

 

記憶が消えないうちに大学1年生でやっておいてよかったと感じたことを残しておきます。

 

 

なんか違うと思ったらすぐ辞める

ぼくはたくさん本を読んだり、ネットでいろんな記事をみたりする習慣があります。

一般的な大学生にくらべると成功者の価値観に多く触れていると思います。

 

そこで彼らがみな口を揃えて言うのが、「好きなことを見つけて極めろ」ということです。

いま現在、いろんな職業、生き方が可能になりました。

 

そこで大事なのは、「我慢する能力」とかじゃなくて、「好きなことを見つけて続ける能力」だそうです。

だから、なんか違うなってことはやらなくていいんです。

 

僕も、1年の終わりまで大学のテニス部に入っていましたが辞めました。

理由は簡単、なんか違うと思ったからです。

 

辞めることを「逃げ」だとか「良くない」とか思わないでほしい。

いろんな経験をして、「なんか違う」と思ったら即座に辞めて、いつしか好きなこと見つけて、それを極めてほしい。

 

テニス部を辞めるか続けるか悩んでいた昔の僕に言いたいです。

 

 

面白そうならノリで即行動に移す

今やっている活動がなんか面白くないなら、即座に辞めることも大事です。

でもそれと同じくらいに大事だと感じたことが、ちょっとでも「面白そう」とか「やってたい」って思ったらノリですぐやってみること!

 

ノリが良ければいろんなことを経験できて、より好きなことが見つかるまで早くなるじゃんか。

 

僕も1年生のときノリでいろんなことをしました。

 

友達から学祭の女装コンテストに誘われて出場←結果はドンズベリして入賞すらせず

 

なんか面白くないしお金稼ぎたいから学生イベントを企画←パリピ具合についていけなくて辞める

 

 

ブログ←なにか残したい、人と違うことをやりたい、あわよくばお金欲しい…

 

てな感じです。

結果、やらなければ絶対に考えなかったことを考えられたし、実際になんか面白かったし人生のネタにもなりました。

 

ノリでなんでもやってみましょう。

なんか難しそうとか失敗したら怖いとか思う暇があったらやりましょう。

 

 

人の目を気にしないよう意識する

ほんとこれ。

日本人はこれが多すぎです。

そんなんだから面白くない平凡な人生になるんです。

 

別に周りと違くても個性でいいじゃないですか。

人の目を気にしててもいいことありません。

ガンガンやりたいようにやりましょう。

 

たとえば、学校に入ってすぐに長期インターンの広告を見て1年生の時にインターン受けようとしてみたんです。

本当に僕は影響されやすいですね。

 

しかし、部活の先輩に「おまえ、インターンで差がつくつ差がつくって言ってるけどその差ってなに?」って言われて辞めました。

 

先輩にビビってました。

でも今になっては、「あのときやってたらどうなってたんだろう」ってことです。

どうなってたんでしょうね。

 

逆に人の目を気にしなかったこともありました。

それは部活を辞めたこと。

周りからは確実にマイナスに写るし、親からしたら嬉しくないでしょう。

 

祖父母には猛烈に反対されました。

しかし、辞めたし親にはなんと事後報告です。

でも辞めて良かったです。

こうやってブログ書けてますから。

 

とにかく周りの目なんて気にしてもいいことは「ない」のです。

 

 

単位はとるけど授業をまじめに受けない

 

「大学生だから真面目に授業受けなきゃ」って思ってませんか?

いえ、受けたいならいいと思います。

興味ある勉強ならガンガンするべきです。

 

けど、問題は興味ないのに真面目に授業を受けてるときです。

それなら、やりたいことをやる時間に使ったほうがいいです。

 

ただ、単位だけはしっかりとりましょう。

僕は去年の後期、やりたいことだけやって単位を落としまくったのでぜっさん後悔中です。

 

学イベやるために金曜の授業3限から切ったなあ。

懐かしい。

 

 

本を読む

大学生って読む人は読んでるんですよね。

ただほとんどが空いた時間なにやってるかというとパズドラかTwitterですよね。

本当に無駄だと思います。

 

そういうときは、本を読めばいいんです。

本を読むと知識が増えます。

そうすると、考えられなかったことが考えられるようになって、人生が必ず豊かになります。

 

正直本を読む大切さは、本を読む人にしかわからないと思います。

ね、経験した人にしかわからないこと多いでしょ?

 

僕も割と本を読んでます。

最近は、株の知識を得たいので、「インベスターZ」というまんがを読んでいます。

 

 

勉強したいことは勉強する

大学という場は、学ぶのに最高の環境です。

図書館にいけば、各分野の専門書が無料で読めます。

学びたいことは積極的に学ばないともったいないです。

 

僕も、学校で本を借りて読んだり、気になる授業は履修して面白かったらちゃんと聞いてノートとって何か得ようとがんばってます。

 

 

人にいる場所に沢山行く

最近は減った気がしますが、「俺コミュ障だから…」とか言うヤツ。

知らねえわ、俺もだわ!!

けどなんか得ようとがんばって人に誘われたらできるだけ知らない人が多くても行ってます。

 

絶対人との出会いは多いほうが豊かな人生になります。

本当に確信してます。

大げさですけど、その分よりたくさんの価値観に触れられますから。

 

僕も英語部に去年の途中から入って、全然知らない人ばっかりで怖かったんですが、行事にはぼぼ参加するようにしました。

結果、自然体でいる重要性とか人とのコミュニケーションをすごく学べたと思います。

 

まとめ

はい、ということで僕が1年生で身につけられて良かったなあという習慣をまとめました。

別に1年生じゃなくても、絶対身につけたほうがいいと思います。