今日もバカで行こう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

口だけのクズの僕が簡単に達成できた2種類の目標設定

f:id:ibukishimatani:20170510190300j:image

 

こんにちは、大学生ブロガーのいぶき(@IbukiNoBlog)です。

痩せる!と言って次の日からケーキを食べている、土日も毎日6時に起きる!と言いながら結局昼に起きるなど、「目標を立ててもなかなか達成できない…」なんてことはありませんか?
僕はしょっちゅうです。

 

では、どうすれば目標を必ず達成できるのでしょうか。

 

目標を必ず達成するためには、「結果目標」「行動目標」について知る必要があります。無意識にできている人もいますが、できていない人の方が圧倒的に多いです。

 

できてる人も、この考え方を知ることで今後の目標設定のやり方がよりクリアになるでしょう。

 

これらについて知ることが出来れば、今までのように無闇に目標を量産して、失敗して自分に自信を無くすという悪循環から脱却することができます。

 

そして、的確な目標を作り、着実に目標を達成して自分に自信をつけることが可能になります。

 

ということで、最近学んだ2種類の結果目標と行動目標という爆速で目標達成できる目標設定方法についてお伝えします。

 

 

2種類の目標設定とは

たとえば僕が、ずっと達成できてないことなんですが「1ヶ月毎日6時に起きる!」という目標を立てたとします。

三日坊主の僕でも、流石に次の日くらいは6時に起きます。しかし、結局モチベーションが続かずに3日後には10時を指すiPhoneの画面を見ながら「死にてえ…」と呟くいつものパターンになるんです。

なぜこうなるのでしょうか?

それは、目標の結果はハッキリしていても、行動指針がハッキリいないからなんです。

 


結果目標

この目標の結果は「1ヶ月間毎日6時に起きる」ということです。
普段わたしたちが意識する目標というのが、この結果目標です。

 


目標を達成した際の結果を表すものになります。

しかしこの結果目標だけでは、何をすれば目標を達成できるのかが分からないのです。

 


行動目標

「結果目標を達成するためには、どういった行動をとるべきか」が行動目標になります。

6時に起きるために、何時に寝ればいいのか?目覚ましは何時で何回かければいいのか?その他に就寝前などにすることはあるのか?

こういったことを考えます。

そして、「6時に起きるためには、毎日11時に寝なきゃならない!」とかんがえるのであれば、これが行動目標です。

僕の場合この結果目標と行動目標を知ってから、バイト先で早速活用しました。
「新しく出た新商品を2個売る」を結果目標とし、「新商品を3組以上のお客様にオススメする」ということを行動目標としたところ、見事に達成しました。

自分のすべき行動もハッキリと分かっていたし、スッキリしながら目標達成に取り組むことができました。

 

まとめ

人生において、たくさんの小さな目標も大きな目標もあることでしょう。

しかし、闇雲に結果目標だけ立てるのはやめましょう。

その結果目標を達成するためにはどうすれば良いのかという行動目標も意識することができれば、爆速で目標達成に近づけます。

何かのお役に立てば幸いです。
では!