今日もバカで行こう

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

MENU

大学生が毎日6時に早起きしたら人生変わったので11のコツを紹介する

f:id:ibukishimatani:20170817093741j:plain

 

こんにちは、早起きは3兆の徳

大学生ブロガーのいぶき(@Ibuki_No_Blog)です。

 

毎日早起きできたらなあ...

 

と、悩んで人は多いのではないでしょうか。

 

高校生のときは毎日お母さんが起こしてくれた。

 

いまになって「あの時はウザかったけど、今になってありがたみが身にしみて分かる...」的な。

 
僕は高校生の時から「早起きは成功者への第一歩だ!」と思っていたので、長年、早起きにトライしてきました。

 
しかしこの数年間、幾度となく繰り返す3日続いては昼過ぎに起きる日々。


ぼくも解決策が分からぬまま、本当に悩んできました。

 


そして、苦節数年。

 


長かった...

 


最近になって、ようやくようやく早起きができるようになってきた!!


数年かけて確立したので、そこのあなたも必ず早起きできるようになると思います。

今回は、早起きしたいけどなかなかできない方に、僕が数年かけて確立した必ず早起きできるようになる方法をお伝えします。

 

 

目次

 

 

「なぜ早起きしたいのか?」を明確にする

確かに早起きすれば人生は変わります。

めっちゃ前向きになれます。

いつも気分が良くなります。

 

哀川翔さんも、こんな本を出されています。

 

たしかに早起きはメチャクチャ徳です。

 

僕に言わせれば3兆の徳です。

 

アップルのCEOティム・クックは朝4:30には部下にメールを送るそうです。

f:id:ibukishimatani:20170817091945j:plain

 

 

あなたはどうして早起きしたいですか?

 

ここがあいまいだと、二度寝したいときに負けてしまいます。

 

逆に明確な目標があれば、二度寝したくてもグッと我慢して起きていられます。

なぜ早起きしたいのかを明確にしましょう。

 

 

就寝前に翌朝やることを明確にしてから寝る

寝る前に翌朝やることを明確にしておくと、それだけでさらに早起きするモチベーションのアップにつながります。

 

なにも決めずに寝てしまうと、二度寝しがちです。

 


スヌーズは絶対に使ってはいけない

よくこんなんになってる人いませんか?

f:id:ibukishimatani:20170817235043p:image

 

これはホントダメ。

 

いますぐにやめる。

 

僕の体感上、みなさんもそうだと思うんですが、二度寝すればするほど起きづらくなります。

 

だったら一発でパッと起きることに全身全霊をかけた方が賢明。

 

 

スヌーズは悪です。

 

 

アラームは届かないところに置く

まあ大体の人は、スマホでアラームをかけていると思います。

で、何がいけないかというと「スマホを枕元において寝る」という行為。

 

これ十中八九止めてそのまま寝ます

 

アラームをベッドから出ないと手に届かないところに置くことで、必ずベッドから出られるようになります。

そこでそのまま戻って寝ないように注意しましょう。

 

 

起きたらまずベッドメイクをする

目が覚めて、ベッドからでてアラームを止めたら、まずベッドメイクをしましょう。

 

ベッドメイクするには2つの理由があります。

 

  1. 二度寝を防止する
  2. 気持ちをシャキッとさせる

 

の2つです。

ベッドメイクをしないと、布団に入りやすいのですぐ二度寝してしまいます。

 

ベッドから出たら、アラームを止めてベッドメイクをして、寝られる環境をシャットアウトしましょう。

 

 

カーテンを開ける

そしてベッドメイクしたらカーテンを開ける。

このカーテンを開けるのは、朝だと認識させることと、光を取り込んで体を目覚めさせるという意味があります。

 

 

歯磨きする

次に、時間を決めてタイマーをセットして歯磨きをします。

 

ぼくは15分でやってます。

 

歯磨きをすることで、こうやってどんどん二度寝するのを防止します。

 

歯磨きすれば寝ないですよね(笑)

 

そして、歯磨きし終える頃には眠気はぶっ飛んでいるはずです。

 

しかし、ここで問題になって来るのが

 

歯磨きは朝食後!派

 

実際歯磨きって朝食前?朝食後?どっちがいいんでしょうか?

 

そもそも口の中の細菌量は起床後がメチャクチャ多いので、うがいなりなんなりしたほうがいいいらしです。

 

だったら歯磨きでもいいかなーと。

 

起きた後の朝食前に歯磨きして、朝飯後にしないのはなんかイヤだという人もいると思います。

そういう人は、朝ごはんを食べたらうがい薬でワンウォッシュするのでどうでしょうか。

 

 

身支度できたら外に出る

これも大切。

カフェにいくなりなんなりして、外に出る。

 

外に出ないと、二度寝してしまう確率が上がります。

二度寝してしまうとなにも意味がありません。

 

早起きして外にでることで、「あ、朝なんだな」ということも実感できるし、人が全然いないので、メチャクチャ優越感に浸れます

 

朝早起きしている自分にご褒美という意味も込めて、早起きしたら外に出ましょう。

そして、カフェでおしゃれな朝食を食べるのです。

 

僕はデニーズで済ませています...

 

 

帰宅後は部屋を暗くする

家はもう寝るだけという観点からすれば、帰ってきたら部屋をすぐに暗くするべきです。

そうすると、どんどんどんどん眠くなります。

 

僕ら現代人は、24時間のコンビニ、何時だろうが活発なインターネットに囲まれています。

これらと離れないと、早寝早起きはムリです。

 

だから、帰ったらすぐに電気を暗くして、ネットもやらないでください。

寝る準備を整えます。

 

寝る前は、本を読んだり、今日の一日のよかったことを振り返ったらりするとすごくイイです。

 

ちなみに、

 

イイ感じのライトがねーよ!って方にすごくおすすめなライトがあります。

 

眠いなーってときや、勉強しよ!に到るまで、どんなときでもその明かりが欲しかった!が使えるスグレモノ。

 

5種類の光を、それぞれ10段階の明かりの強さで使うことができます。

 

ぼくも寝る前にもつかって快適な眠りを促せたり、何か物を書くときに集中できる青めのライトを使ったりして、すごく役に立ってます。

 

f:id:ibukishimatani:20170817235117j:image

 

YouTuberのヒカキンさんがコチラの動画で紹介していて、買いました。

www.youtube.com

 

 

いいデスクライトが見つからない方にまずおすすめしたいです。

チョーオススメです。

 

 

昼寝は15分まで

早起きしていると、大概昼前に眠くなります。

そんなときはパワーナップしましょう。

パワーナップとは、15分とか20分など短時間で昼寝することで目を冷ます、攻めの姿勢の昼寝です。

 

昼寝は起きたあとの生産性を上げる行為です。

 

眠くなったら生産性が落ちている証拠なので、15分と決めて積極的に昼寝します。

 

昼寝する前にコーヒーを飲んでから昼寝すると、カフェインの覚醒作用で、より目を覚ますことができるのでオススメです。

 

 

夜更かしせず、早く寝る

気合いなんかで早起きできてたら誰も苦労しません。

早起き起きられるのは早く寝られるからです。

朝活すると決めるのなら、しっかり寝ないと無理です。

 

人にもよりますが、ぼくは7時間が1番いいかなと体感しています。

 

23時に寝て、6時に起きるのがオススメですね。

 

 

まとめ:早起きはマジで人生変わります

人生変えたいとか、変わりたい!とか願っているひとは、まず朝活から始めるといいです。

だって早起きして朝活して損したと聞いたことありますか?

ないと思います。

 

さ、早起きしましょう。

と、書いている朝なのでした。

 

それでは、また。

 

Twitterのフォローはコチラから。

 

読者登録はコチラから。