今日もバカで行こう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

【感想】貧乏な大学生の旅行にはゲストハウス宿泊がオススメ!

「そうだ、京都に行こう」

このノリ信じてよかった、京都最高でした。

こんにちは、大学生ブロガーのいぶきです。

 

貧乏大学生は高いホテルには泊まれません。

「ゲストハウス」というものに泊まりました。

安いので心配でしたが、最高でした…(笑)

 

ゲストハウスとは、今回の宿の基本情報、料金と予約方法、感想をご紹介します!

 

 

 

ゲストハウスとは

ユースホステルのように1泊単位で宿泊できるバックパッカー向けの宿をゲストハウスと称している。 「リビングなどの共同場所で他の旅行者と交流が出来る」「キッチン、トイレ、シャワールームなど共同で使用」「ドミトリー(相部屋)がある」などが特徴。

 

てな感じです。

 

実際に共用のキッチン、冷蔵庫がありました。

その気になれば他のお客さんとも交流できる感じでしたね。

僕はチキってしまって他のお客さんとの交流はできませんでした…

 

ダサい!

 

 

こんかいの宿「憩いの家」

f:id:ibukishimatani:20170402163144j:image

 

こんかい泊まった宿は、その名も「憩いの家」というゲストハウスです。

京都駅の中央口の目の前に烏丸通からすまどおり)というおおきな通りがあります。

そこから路地に入って真っ直ぐ行くだけなので、とても簡単に行けました。

 

京都駅中央口から徒歩15分でした。

受付に行くと、着物を着た僕と同じくらいの年のお姉さんがサービスの概要や泊まる際の注意を丁寧に説明してくれました。

着物着てるし関西弁だし、「はっ、京都来たんだ!」って思いました(笑)

 

www.ikoi-no-ie.com

 

 

料金と予約の方法

料金は部屋や時期によっても異なるようです。

僕が今回利用したときの料金は、1人1泊素泊まりで¥4,000でした。

学生にとってはかなりありがたいです。

 

予約は、電話をかけてからメールでやり取りをします。

その際に泊まる日数、人数などをしっかり確認してから、キャンセル料発生時のためのクレジットカード情報の提供が必要です。

別に悪いことには使われませんし、キャンセルした時にそこからお金が引かれるだけです。

 

ご安心を。

それが終わればあとは当日チェックインするだけです。

至って普通でとても簡単でした!

 

 

使ってみた感想

f:id:ibukishimatani:20170403223221p:plain

 

写真を忘れたので、得意の絵で失礼します。

部屋は三畳でした。

畳まれた敷布団があり、そこに寝る感じです。

 

備え付けは、テーブル、人数風の浴衣、ドライヤー、お茶セットでした。

本当に寝るだけって感じでしたが、どうせずっと外に出かけています。

特に不便は感じませんでした。

 

共用のシャワーは狭いですが、清潔ですし、シャンプー、ボディソープも完備です。

共有の洗面台、キッチンもしっかりと清潔にされていました。

 

 

まとめ

正直メチャクチャあたりだったと思います!

しばらく京都に行く機会は無いとは思いますが、またあそこに泊まるかもしれない!

それくらいコスパは良かったですね。

 

ゲストハウスは本来外国人(たま日本人)のバックパッカー向けらしいです。

大学生はお金もありませんし、体力もあって一日中出かけることもできると思うので、ゲストハウス利用は向いていると思います。

ぜひ使ってみてはいかがでじょうか!

 

ではまた!