今日もバカで行こう

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

MENU

タモリさん「真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!」って最高にカッコいい

f:id:ibukishimatani:20170919233157j:plain

ブログ飯に向けて、ひたすら邁進中です。

大学生ブロガーのいぶき(@Ibuki_No_Blog)です。

 

最近バイトについて、真剣に悩んでしまっていました。

いつまでたってもミスは減らないし、絶対向いてないし。

 

そんな中、タモリさんのとある言葉に出会いました。

それは、

 

真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!

 

f:id:ibukishimatani:20170919221814p:plain

 

という言葉です。つまり仕事に真剣になるなってことです。

 

これ、ギクってする人は多いんじゃないかな?と思ったんです。

 

 

タモリさん「仕事はテキトーにこなし、真剣に遊べ」

タモリさん曰く、仕事はテキトーにこなし、遊びに真剣になれとのこと。

ぼくはブログという遊びに真剣になることを忘れていました。

 

タモさん、深えよお...

 

仕事がー、家族がー、学校ガー、としがらみにとらわれて、自分が大好きなことに真剣になるのを忘れてる人は多い気がします。

 

人はもっと真剣に遊ぶべきです

 

 

人は何のために生きているのか?

なぜなら人は遊ぶために生まれてきたからです。

働くってのも、結局はお金を稼いで死なずに生きるためにやっていること。

 

死なないという前提がつくりあげられたら後は何するかってなったら、遊ぶなんです。

そう、人は何のために生きるのか?って考えたら働くために生きるているんじゃないんです。遊ぶために生きてるんです。

 

つまりこんな感じ

 

 

f:id:ibukishimatani:20170919224712j:plain


生きるために働いて、遊ぶために生きるというこの感覚。

 

生きるための手段でしかない働くに真剣になってどうするのでしょうか?

好きでやってるわけでもないことなのに。

 

僕たちは、好きなことに遊びに真剣になるために生きてるんです。

 

 

ホストファザーのボブは遊びに真剣だった

f:id:ibukishimatani:20170919225634p:plain

ぼくは高校3年間オーストラリアの高校に留学していました。

そこで2週間の休みのときは、ホームステイをしてたんです。

 

そこで出会ったホストファザーのボブはまさにこの生き方を体現しているひとでした。

 

ボブは、仕事が終わったら即座にスマホの電源切ります。なぜなら、フットボールの試合を観るのに熱中したいから。

 

そして応援しているフットボールチームの帽子をかぶり、マフラーを巻いて、かじりつくようにテレビに夢中になるんです。

 

そのときぼくはハッとしました。

あ、俺たちって働くために生きてるんじゃないんだ

 

こんな人、日本にいますか!?

 

でもオーストラリアだったら、これくらいテキトーに仕事して毎週末のパーティーに真剣くらいな感覚がフツーです。

 

日本ときたらどうでしょうか?

 

家に帰っても仕事をし、仕事の愚痴を言い、メールに返信する人たち。

 

ぼくはこんなのはムリです

 

ぼくが真剣になりたいのは仕事(ぼくの場合はバイトですが)ではなく、遊び(つまりブログ)です。

 

 

日本人よ、もっと遊ぼうぜ

日本人は遊び心が足りてなさ過ぎるなあと思ったお話でした

もっと真剣に遊びましょう。

 

仕事に真剣な大人、本当に面白くなさそうです

別にカッコよくないですから。

 

ひぃひぃ言って仕事してる大人、かっこよくもなんともないです。

 

それより楽しそうにあそんでる高須院長の方が1億倍かっこいいです

 

 

こんな大人になりたいです。

 

ぼくは真剣に遊んでいたいです。タモリさんや高須院長みたいになりたい。

 

それでは、また。