今日もバカで行こう

今日もバカで行こう

バカな大学生いぶきがなんか言ってるブログ

大学生の僕が好きなことで生きようと色々やってたらなんか見えてきた

「仕事とは?」と聞かれて、大学生が思い浮かべることは何でしょうか?

僕は今の段階では、「好きなこと」って考えてます。

こんにちは、大学生ブロガーのいぶきです。

 

幾多もの試練を経験してきた手練れ社会人の方からしてみたら、「ガキが世の中も知らないで甘いこと言ってんじゃねえよ」と思うかもしれません。

でもまだ夢見ちゃうんですよ、社会知らないから。

好きなことを仕事に出来ないかなって思っちゃうんです。

 

だって「そうなったらなんて幸せだろうか」って考えてしまうんですもの。

 

 

ブログを始めて2ヶ月、自分のことが少しずつ分かってきた

この前サークルの飲み会で、「就活は自分を深く知り、それを求める会社に的確にアピールできた人が勝つ」と聞きました。
その社会人のOBの先輩は、就活を「自己紹介ゲーム」と言っていました。

ブログを始めて2ヶ月しか経っていませんが、自分がどういう人間かというのが凄く良く分かってきました。

 

このブログも少しは就活のときに有利になっていればいいですね。

そんなブログをやってて分かってきたことが他にもあります。

 

 

ペースを乱されるのとこなす作業的な仕事が嫌いだ

僕は要領が悪く、記憶力がめちゃくちゃ悪く、理解力がありません。

本当なんです。

なんでもそうなんです。

 

人に言われたことを何度も間違えます。

記憶力だって悪いので、何かを覚えるまでにメチャクチャ時間がかかります。

先日バイトでクローズ作業をしていましたが、めちゃくちゃ時間がかかりました。

 

めちゃくちゃしんどかった。

なんでこんな仕事しなくちゃなんねえんだ?と思いました。

こなす作業、本当に嫌いです。

 

こなす作業というか、決まっていることをただやるみたいな。

表現が難しいです。

例えると、僕は塗り絵をしたいんじゃなくて、絵を描きたいんです。

 

大二病全開で行きます。

 

 

効率を求める作業じゃなくてコツコツ作り出す仕事が好き

僕は中学を卒業し、3ヶ月間YouTuberをやりながらニートでした。

そして、高校3年間オーストラリアに留学しました。

そのときにYouTubeやっていたのがとても楽しかったんです。

 

自分でネタを考えて、動画を編集して、やっと完成してアップするのが凄く嬉しかったのを覚えています。

僕はこなす仕事ではなく、作り出す仕事をやりたい人間なんだなってまた思うようになってきました。

コレ、まさにブログなんですよね。

 

だからブログもとても楽しいです。

 

マイペースに誰にも邪魔をされずに何か価値のあるものを作り出せます。

最近まで接客業嫌いだと勘違いしていましたが、接客業が嫌いなんじゃなく人と接してペースを乱されるのが嫌なだけでした。

マイペースに何かを作り出したいんだと思います。

 

多分人と関わって、喜ばせたりわらわせたりすることは好きです。 

 

 

そんな感じで「頑張って仕事する」んじゃなくて「楽しんで仕事したい」

僕は最近、頑張るという言葉がきらいになりました。

だって、得意なこと、好きなことを極めるなら頑張る必要なんてどこにもないじゃないですか。

嫌いなことを極めて頑張る必要なんてないと思います。

 

ホリエモンだって著書で言ってました。

「好きなことにとことんハマれ」みたいな。

そしたら彼はああやって金持ちになって自分が生きたいように生きられてるんです。

 

やらない手は無いと思います。

僕は大学生のうちにそれをやってみたいと思っています。

それっていろんなやってみたいことに手を出して、やりたいことを見つけて楽しむってことです。

 

僕がもし「頑張らなきゃ」と感じた時点で、それは僕の「好きなことを仕事にする」という考えを外れています。

受験とかは頑張るべきだと思います。

でも、そういうこと以外は、とことん自分自身の好きなことをがんばる、つまり楽しむってことが重要だと思います。

 

僕は、そういう人生を歩んでいきたいと思います。

だから、将来家庭をもって娘ができたら、「パパ、お仕事楽しんでね!」って言われたるようになりたい。

 

 

まとめ

こんな自己満足記事で申し訳ありませんが、これもブログの醍醐味なんです。

僕は好きなことを仕事にして生きて行きたい、コレは一生変わらないでしょう。

そのやりたいことは「マイペースに何かを作り出す」ことなんじゃないかってのが今の見解です。

 

ブログをやることでこうやって自分の求める生き方が分かって来て、ブログ始めてよかったと思った次第です。

読んで頂いてありがとうございます!